石本酒造の、45年振り
- 2016/06/22(Wed) -
寒梅2
越乃寒梅 「 灑 さい 」

新潟県の石本酒造で、
45年振りに、新酒を造りました。
http://www.koshinokanbai.co.jp/product_11.html

早速、
イタダキマした。

日本酒の、オイシイ、不味いは、
個人の味覚の問題ですから、
人それぞれです。
だから、
あくまで個人的、感想を述べると、

「 カンバイらしい、酒造り。」

と、言うしかありません。
あえて、
たとえるなら、
今をときめく、‘ 獺祭 ’と、
対極をなす、さっぱり具合です。

大吟醸的とか、豊饒とか、
フルーティなどが、
まったく、当てはまらない、酒 サケ です。

「 アッパレ!」

時代に、迎合しない、
その酒造りには、感服しますが、
ただ、
その名前と、宣伝方法には、
感心しません。
まるで、
九州の焼酎、‘ いいちこ ’の、
コマーシャルのようです。
‘ 男は黙って・・・ ’
と、
どんくさい名前と、宣伝の方が、
ヨカッタかも。

以上のような、ブログの品評に、
左右されることなく、
ご自分で、お試しアレ。

ウマイ、まずい、
合う、合わないは、
個人の、勝手です。

❤今日の音楽
ジュリー
沢田 研二 『 勝手にしやがれ 』
https://www.youtube.com/watch?v=tH9hacFyW5o

全盛期 ( ナニを持ってそう言うのか )の、
ジュリー。
容姿は、見る影もありませんが、
その歌声は、変わらず。
でも、昔のヒット曲は、唄いません。
それこそ、筋が通っているんでしょう。

昔、「 酒 」という雑誌の、女編集長が、
幻の酒と云ったものだから、
角栄の贈答酒に、利用され、
一躍、有名に。

迷うことなく、
寒梅は、寒梅の道を、極めて下さい。

では、今夜も、
ご一献・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウマイ日本酒 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「 タクシードライバーって、お酒の名前なんですか!」
- 2016/02/04(Thu) -
こうおっしゃったのは、
いつも、カレーラーメンを注文する、
M浦さんご夫妻。

まだ、20代のお二人は、
昨夜、一番ノリで、注文されると、
‘ オススメの日本酒 ’を見て、
ご質問されました。

タクシードライバー2
岩手・喜久盛酒造 「 タクシードライバー 」

日本酒に、あるまじき銘柄とラヴェルです。

造っている面々も、同じ感じ。

タクシードライバー

米映画‘ タクシードライバー ’に触発されての、
命名みたいですよォ。

へぇ~、そんな映画があったんですか?

ロバート・デニーロ主演の、
ベトナム戦争からみの映画でしたヨ。
NYのタクシー、イエロー・キャブを題材にした、
メチャクチャで、哀しい映画でしたよォ。

あぁ、ゴッドファーザーの、デニーロですか?

ええ、
彼には、生まれがNYでしたから、
NYを舞台にした、イイ映画がたくさんありましたねェ。
あのアメリカなんとかいう映画が、
とても良かったんですよォ。
・・・
あの、アメリカなんとかいう・・・。

ここで、
会話も途切れ、
記憶も、認知症と変わり、
今朝にいたっていました。

で、
やっと、
想い出しました。
「 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 」
でした。
訳せば、
‘ 過ぎ去りし日々の、ニューヨーク ’
てな感じです。

ガールフレンドの子役を演じた、
ジェニファー・コネリーが、
美しいバレエを舞う、あの映画です。

年老いたデニーロが、
昔、根城にしていた古い酒場の、
のぞき穴から、覗いてみると、
そこには、あの頃の・・・・、
コチラです。
コネリー
https://www.youtube.com/watch?v=lY5gag1ZMdQ

ゴチゴチの日本酒から、
甘く切ない、
シェリー酒の話に、なっちゃいました。

❤今日の音楽
コネリー2
松野 弘明 & ハリウッド・ニューシネマ・オーケストラ
「 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 」
https://www.youtube.com/watch?v=raOu9fQsdX8

きれいな流れるような映画音楽。

何処かの、御婦人と観たいものです。
この記事のURL | ウマイ日本酒 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タクシードライバー
- 2015/04/21(Tue) -
‘ タクシードライバー ’
と、云えば、
ワッチ世代の人間は、
映画「 タクシードライバー 」の、
イエローキャブと、
俳優ロバート・デニーロを、
思い浮かべます。

娯楽の少なかった、70年代。
ヒマな人間は、映画を観るしか、
なかったのです。

タクシー

ベトナム帰りの、
理解しがたい行動をとる主人公は、
迷えるアメリカの、断片でした。
そんな、
衝撃さを、醸ちだして生まれたのが、
日本酒 ‘ タクシードライバー ’

タクシー2
ネーミングもさることながら、
ものすごいラヴェルです。
こんな日本酒、ありですか?!

ただ、
今回入荷したのは、
アミノ酸度が、4.5度 ( 通常1.5度 )で、
日本酒なのに、酸っぱく感じます。
タクシードライバーのなかでも、
ひとクセ者なのです。

次回は、
通常の‘ タクシードライバー ’を仕入れますが、
問屋さんでも、驚く酒を、
肝試しに飲むのも、オモシロイです。

❤今日の音楽
タクシー3
映画 『 タクシードライバーのテーマ 』
https://www.youtube.com/watch?v=zhL8wHFcuAA

アンニュイな、
アルトサックスのトム・スコットが、
最高です。

劇中の名セリフ、
鏡に映った自身に、拳銃を突きつけて、
「 You talkin’ to me? 」
      ⇓
「 俺に言ってんのかい? 」
 
なんと、カッチョイイ!
もちろん、真似ました。
酒飲んで、
酔っぱらって、
こう言いましょう。
この記事のURL | ウマイ日本酒 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
酒を、ひっ散らかして、飲むコト。
- 2015/01/20(Tue) -
「 新年になりまして、
  入荷が適切となりましたので、
   今後は、入荷次第の店頭販売に、
    変更させて頂きました。」

東武デパート池袋店、
日本酒売り場の女性販売員。

先日、日本酒‘ 獺祭 ダッサイ ’の、
毎月行われていた販売会の日程について、
問い合わせた時の、応対です。

今後は、いつ入荷するかわからないので、
頻繁に、売り場に、来てネ、
という、ことですな。

カワウソ
「 獺祭 」とは、
獺( カワウソ )が魚を捕ると、それをすぐには食べずに
たくさん並べてから食べるという習性がある、
という故事伝説に由来します。

そのような獺の様子を、
祭の宴でも楽しんでいる様にみたてて、
獺祭( ダッサイ ) 、と呼び、
転じて、調べ物をするときに、
あれこれ書物を開いて、並べる様子。

正岡子規は、
それを俳句の推敲をするときの自分にあてはめて、
自分の俳号: 獺祭書屋主人 ダッサイショオクシュジン にしたのだそうです。
( 信州大学・伊藤教授 )

てっきり、
あの酒だぁ、この地酒がウマイ、
いやいや、
最後の一杯は、コレだね。
などと、
節制の無い飲み方を、
指してんだと思ってました。

そんな由緒ある名前なんですなぁ。
ちなみに、
子規は、作家・夏目漱石の、
名付け親です。
夏目房之助は、
東京帝大で同級生の正岡子規と、親友でした。
「 漱石 」とは、
中国の故事で、間違いを指摘されても、
それを認めない頑固者という意味です。

話が、脱線しましたが、
今月から、
東武デパートへの電話が、
殺到しなければいいんですが・・・。

❤今日の音楽
マイケル
マイケル・フランクス 『 Antonio’s Song 』
https://www.youtube.com/watch?v=MlIIxR_Vv1Q

アンが消えて、♪ トニオ ♪ としか、
聴こえません。
それにしても、
この優しい歌声は、
決まりすぎてませんか!

この記事のURL | ウマイ日本酒 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夫婦酒 めおとざけ
- 2013/02/16(Sat) -
地酒は、土地それぞれ、
味も、いろいろ。

栃木の蕎麦屋、‘ いづるや ’で、
修行していた頃、
小山市の蔵元が、お酒を持って売り込みに。

“ 鳳凰美田 ほうおうびでん ”

凝ったネーミングです。
まあ、
普通、名前負けするのが、常。

でも、
流行りの言葉でいえば、フルーティ。
ガハハ、冗談です。
お米の香りのする、まあまあの、お酒。

小山の、小林酒造さんは、
セガレの専務さんが、杜氏を、
奥さんが、麹担当だそうです。
( 日本酒の学校で、研究してたそうです。)
小林酒造

いろいろ、珍しい果実酒を製造してますし、
もちろん、
日本酒も、多品種。

ポレポレでも、
日本酒より、コチラが有名。
ゆず  梅酒
あの、ゆず酒、甘くない、梅酒。

その他にも、桃酒、あんず酒などなど。

夫婦で、お酒を醸造するなんて、
あんまり聞いたことありません。
珍しい!
これがホントの、
‘ 夫婦酒 ’
でしょう。

❤今日の音楽
酒とバラの日々
映画『 酒とバラの日々 』テーマ曲
http://www.youtube.com/watch?v=g823dAO_IGU

喜劇役者と思われていた、ジャック・レモン。
この映画では、
アル中の営業マンとして、
迫真の演技を、披露してます。
奥さん役の、リー・レミックも、
酒に溺れていく姿を、
マジじゃないかと思われるほど。

音楽は、ヘンリー・マンシーニ。
世界中の、アレンジャーの神様的存在。
いろんな歌手が、唄ってますが、
映画の雰囲気は、
オーケストラが、一番。

「 アルコールは、ほどほどに!」

自戒を込めて・・・。
この記事のURL | ウマイ日本酒 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ