広島 じゃけんのう
- 2016/10/25(Tue) -
大学時代の、
サークルの同期会を、
ブログに書いてたら、
クラスで一緒だった、
‘ 森 和彦 ’クンを、思い出しました。

ボブ2

彼は、広島市・広島国泰寺高校の、ご卒業。
高校時代は、野球部の捕手を務めたらしい。
云わば、達川のような、存在かも。
家は、
中心街で、食料品店、らしい。
近くに、
西城秀樹さんの実家である、パチンコ店が、
あったらしい。
彼曰く、高校は広島では、進学校らしい。
でも、
そのチキン・ハートは、
同級生の中では、群を抜いていた。

体格も、イイ。
性格も、イイ。
見かけも、まあ、イイ。

でも、
いかんせん、女性の前では、
顔が真っ赤になってしまう。
彼女が、できた時も、
口癖は、「 どうしよう、どうしよう?」
で、あった。
ワッチの、栃木の家まで来た事もある。
もちろん、
麻雀をやりに、そして徹マンであった。

そんな彼も、
今回の、広島カープの快進撃には、
驚き、歓喜してるだろう。
どこで、どう応援してるのか、
たぶん、
卒業後、田舎に戻ると言っていたので、
地元、広島で、盛り上がっていることだろう。

今日のブログは、
40年前の、友達が、
今、どうしてるだろうかという、
たわいのない、話でした。

読んでないとは思うが、
もし、
万が一、
「 あっ、俺のことだぁ!」
と、気が付いたら、
遠慮なく、連絡してくれ。
けっして、麻雀の賭けを、
払えとは、言わないから・・。

❤今日の音楽
ボブ
ロバータ・フラッグ 『 Just Like a Woman 』
https://www.youtube.com/watch?v=8YszAbA6m_A

ボブ・ディランが、
ノーベル賞の式典には、
参加しないような、反応です。

さもありなん。

それは、彼特有の、‘ 照れ ’だと、
解釈したいですねェ。

でも、彼の曲はたくさんの人に、
コピーされてます。
ロバータも、その一人。
そして、
新解釈な、曲の展開。
この曲が、
ラヴソングのバラードだったとは、
マイリマシタ!
スポンサーサイト
この記事のURL | 昔の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
40年振りに、会いました
- 2016/10/24(Mon) -
ポレポレの入り口ドアには、
こんな張り紙をして、
出掛けました。

〝 本日22日(土)、
  私事(同窓会)のため、
  お休みします。〟

私事とは、
同期会
同窓会と云っても、
昭和51年卒業、
明治大学シャスネージュ・スキー同好会の、
同期会。

何回かブログで、説明しましたが、
同期の、大堀君が、
今年7月、亡くなったので、
在りし日を、偲ぶ会。
だから、
故人をサカナに、
飲んだくれたのでした。

富清
大学時代は、
あごのシャクレタ、
早口の、おっちょこちょいでした。

同期卒業の何人かは、
40年振りに会いましたが、
皆、ワッチのことを、
「 どうしたの、その太りようは!」
と、
激励の言葉を、掛けてくれます。

「 ウン、悩みが多くってェ・・・。」

でも、
誰も信じてくれませんでした。
そんな中、
40年経っても、変わらない二人!?
同期会2
DOI クンと、KAWA村クン。

見た目は、オジサンですが、
顔かたちは、
まったく当時のまま。
( なんも、成長してないという事 )

しかしながら、
しばらく振りの、友に会うと、
その声は、
まったく、変わりません。
DOI クンの、ちょっと、もったいぶった言い回し、
KAWA村クンの、方言( 秋田生れ )を気にした、
早口なモノ言い、
どれも、昔の、ま~~んま。

アッハッハ。

近況を、語り合って、
‘ またね!’
と、別れました。

会えるのは、
何年後か、わかりませんが、
その時も、変わらず酔っぱらって言うでしょう。

「 オマエねェ~、あん時はねェ~・・・。」

❤今日の音楽
友
かまやつひろし&吉田拓郎 『 我が良き友よ 』
https://www.youtube.com/watch?v=2va2GuF3Uig

DOI クンが、
「 ブログにアップしてる曲が、
  昔の曲ばっかりじゃねえかァ。」
と、
言いやがった。
あたぼうよ!
今の曲なんて、
わっかんねえからようゥ。
と、
言い返してやりました。
しょうがないのです、
書く者も、読み手も、
オジサン、オバサンなのですから。
この記事のURL | 昔の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
右手にはアクセル、左手は・・・。
- 2016/07/22(Fri) -
胸の前で、空手チョップのカタチ。
そして、
「 コンチワ~~ッ!」

今日で、
正平ちゃんの、自転車旅もひと段落。
今朝は、
北海道の東の端っこ、
‘ 納沙布岬 ’を、えっちらおっちら目指してました。
すると、
北海道の原野を駆け抜けてきた、
3~4台のオートバイと、すれ違いました。
彼らライダーは、
お決まりの、挨拶。

胸の前で、左腕をクロスさせて、
「 こんちわーッ!」
(最近は、左手を上に挙げて、
 ピースサインが、主流とか)

コレって、
ライダーなら、常識。
見知らぬ相手でも、エールを送ります。

数十台と、すれ違っても、
それぞれ一台づつ、エール交換。

・・・久し振りに、
バイクに、乗りてエ!と思いました。

さてさて、
昨日は、
今月10日の日曜に亡くなった、
大学で同級生の、大堀君を偲ぶ夕べで、
横浜まで。

夕方、
お店の営業のために、
帰路に就いたのですが、
関内駅で、
雨に滑って、ダイビング。
大きなケガは、なかったですが、
右手薬指を、派手にツキ指。
ずいぶん、腫れてしまいました。
お店には、
7時過ぎに戻りましたが、
( あらかじめ、7時開店の張り紙 )
痛みとハレが引かなかったので、
キュウキョ、臨時休業。

今日は、ナントカ営業できそうです。

❤今日の音楽
ヒカル
宇多田ヒカル 『 Flavor Of Life 』
https://www.youtube.com/watch?v=3Ta0vEnki9E#t=266

現在、
絶大な人気を誇る、ヒカルちゃん。
彼女は、
自分のキープするチャンネルで、
動画を配信してます。
( 見習え!すぐ削除するミュージッシャン達 )

彼女が主題歌を歌う、
評判のとと姉ちゃん。
いよいよ、
「 暮しの手帖 」の発刊と、なりました。
ドラマも、いよいよ佳境です。
この記事のURL | 昔の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
哀しい知らせ
- 2016/07/13(Wed) -
残念ながら、
この一週間で、
同級生が、二人、亡くなりました。

先週は、
行きつけの床屋のおかみさんである、
‘ ひろみちゃん ’が、
長い闘病生活の末、でした。

今週の日曜には、
大学時代の、スキーサークルで一緒だった、
‘ 大堀 富清 トミキヨ ’くんが、急逝なされました。

新潟で、旅館業を継いで、
頑張っていたのですが、
残念です。
とても、ヒョーキンな奴で、
下宿も近くて、親しくしてましたが、
卒業後は、疎遠になり、
昨年、40年振りに、電話で話しました。

富清

サークルの会議が、
あまり、オモシロクなかったので、
隣りに座っていた彼を、
ノートの隅に、落書きした絵です。

裏表の無い、イイ奴でした。
今夏、新潟へキャンプに行った時、
お線香でもと、思っております。

なお、
永六輔さんは、同級生ではアリマセン。

合掌

❤今日の音楽
あなた
小坂 明子 『 あなた 』
https://www.youtube.com/watch?v=txco4i2GpTE

野沢温泉スキー場、‘ げんたろうや ’での、
合宿の時、
ワッチは、
先輩数人に布団蒸しにされ、
履いていたパンツを、
破られました。

その時、
横で、見ていた彼を、
仲間がやられてるのに、
何故、助けないかと、
思いっきり、蹴飛ばしました。

痛がって、ウンウン唸っている、
その部屋で、
カセット・レコーダーから、
むなしく、この曲が流れてました。

遠い過去の、
雪国での、ハナシです。
この記事のURL | 昔の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
歩いて、歩いて、歩き続けて
- 2016/02/16(Tue) -
16日
16日、朝7時。

我が家のドアを開けると、
正面に、鎮座まして、朝日を浴びてました。

やはり、
富士山と、東京タワーは、
登るものではなく、眺めるものです。

と、
驚きの、ニュース。
それは、
伊能忠敬

わかります?
加藤剛さん演じる、‘ 伊能忠敬 ’ です。
あの、
日本地図を、すべて歩いて測量した、偉人です。
50歳で、家業を譲り、
天文学を身につけ、
55歳から、17年の歳月を掛けて、
日本国中を、測量し、
日本地図の、基礎を作り上げた方です。
「 そんなこつ、誰でも、知っとるばい!」

そうでしょう、そうでしょう。
だったら、
これはどうか!

「 伊能測量旅程・人物全覧 」
http://www.inopedia.tokyo/database/searchName/kensrch.php

そうなのです、
忠敬の測量事業に協力した、
市井の人々、約一万二千人の名簿です。
なんと、忠敬は毎日、日誌をつけて、
お世話になった人々を、記録していたのでした。
それをもとに、
伊能忠敬研究会の皆さんが、
詳細な一覧を、公開しました。

自分たちのご先祖様が、
いかに日本地図を作るのに、関わったか、
即座に、わかります。
あなたの、故郷を、
調べてみて下さい。

埼玉では、51人の方々が、名簿に、
そして、
残念ながら、わが佐野市では、いなかったですが、
でも、
絶対に、忠敬が、通ったに違いありません。

歩くしか、手段がなかった、
気の遠くなるような、事業。
そんな江戸時代に、夢が駆けめぐるのでした。

❤今日の音楽
砂の器
映画 「 砂の器 」 テーマ曲 『 宿命 』
https://www.youtube.com/watch?v=9axACQoRn0E

日本中が、涙した不朽の名作映画。
なんと、
そのクライマックスは、
40分に及ぶ、セリフなしで、
日本国中を、追われながら旅する親子のシーンでした。

作曲は、菅野光亮。
音楽担当は、芥川也寸志。
監督は、ハンセン病を世に訴えた、野村芳太郎。
原作は、松本清張、
そして、脚本は、橋本忍と山田洋次。
演じるは、加藤剛と、加藤嘉。
昭和の映画の、代表です。

剛さんは、あの優しい眼差しで、
いつから歩き続けて、いるのでしょうか。

セガレは、今日から、
アフリカ大陸を、歩き続ける、らしい。
この記事のURL | 昔の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ