激しく倒れよ
- 2017/05/13(Sat) -
沢木耕太郎ノンフィクション 全9巻
2002年 文芸春秋刊 各巻 1,905円

510ページの、第1巻の表題が、
今日のブログ・タイトルです。
(アマゾンの古本コーナーで、
 第1巻は、九割引きで買いました。)
激しく倒れよ

沢木耕太郎の、
作家デビューの頃の作品を集めた、
全集ですが、
「 栴檀 センダン は、双葉より芳し 」
うなずく、作品群です。

彼の刻印と偉業は、もう説明のしようがアリマセン。
そのスポーツ界に公明をもたらした、
ノン・フィクションは、心を打ちます。

要するに、ぶっちゃけ、
陽の当たらない選手や、
えっと思う競技に、深く、深くかかわり、
目からうろこの、スポーツ大好き少年を、
何千人も、育てたんです。

そう、だから、女子向きでは、ナイ!

と、
ここで、
そんなスポーツ大好き、ダンシに、
ヨダレの出そうな、お知らせだ~~ぁ!

栃木県は、宇都宮市。
( いつでも、日本は、トチギ中心 )
そこにも、やはり市民体育館というのが、ある。
でも、
市の財政が苦しいのか、
名前を企業に、売ってしまった。
‘ 宇都宮餃子体育館 ’に、すりゃあ良かったのに、
そこはそれ、さのまる君のような、
餃子イメージの着ぐるみがないので、
あえて、
「 ブレックス・アリーナ 」
と命名した。
ブレックス

ニューヨークの、ブルックリンでないのに何故と、
思う輩 ヤカラ が、多いであろうことは想像できる。
そんな甘ちゃんに、説明する。
ブレックス3
栃木のプロバスケ・チームの、
「 リンク栃木ブレックス 」の、
ホーム体育館なのです。

そして本日、その餃子体育館、
いや、
ブレックス・アリーナで、
ジャパンBリーグ、チャンピオンシップ
第一戦、
‘ 栃木ブレックス ’vs ‘ 千葉ジェッツ ’の、
世紀の、ビッグカードが開催される。

よくワカラナイ甘ちゃんに説明するが、
かたや、栃木ブレックスには、
ブレックス4
日本人初の、大リーガー、
いや、アメリカ・プロ・バスケに入った、
“ 田臥 タブセ 勇人 ”
173cm 36歳。

こなた、千葉ジェッツには、
ブレックス5
“ 富樫 勇樹 ”
167cm 23歳。

勇人と、勇樹は、共にポジションは、ポイントガード。
バスケの試合で、攻める時、
最期に敵陣にドリブルしながら入り、
チームの作戦を決める、
あの、カッチョイイ、かしらの役目。

そして、
二人とも、バスケ・リーグの、
スーパースター!

チビが、デカを、てんてこ舞させる、
日本人大好き、判官びいき大好き、
そんなあなたに、ピッタリなこの試合は、
本日午後4時からの試合。

だが、ダガ、だが、
目を疑うべきコト、
有料放送の、J‐SPORTSチャンネルしか、
実況中継しません。
ナンタルこと!
同じ有料放送の、エヌナントカは、
スル―です。

おなごガキどもには、
解らないでしょうが、
ここで、
激しく、倒れてしまいました。

P.S
宮ちゃん、
元気になりましたか!
快気祝い、企画するように、
金物屋ケンちゃんには、お願いしたんですが・・・。
色々、日本の今後を、話し合いませう。

❤今日の音楽
ナベサダ
渡辺 貞夫 with ロバータ・フラッグ
『 HERE’S TO LOVE 』
https://www.youtube.com/watch?v=GSQDYlj6UkI

これほど、心温まるアルト・サックスを、
ワッチは、知りません。
ボーカルのロバータを、
優しく、包み込みます。

天下のナベサダ。
トチギ県人の、プライド、ほこり、自慢だっぺぇ!

勇人と、勇樹。
さあ、
ドチラが勝つか。
昔、
我らがバスケットチームは、
‘ チキン・バスケット ’という名前。
佐野の悪ガキどもが集まって、
心が弱いもんで、チキンと名付けました。
でも、
一人、どういう訳か、アメリカ人。
彼の得意技は、‘ ダンク・シュート ’。
このチーム、全得点が、彼によるものでした。
試合後、ヒヨっ子たちは、
‘ 激しく倒れて ’いたものです。
スポンサーサイト
この記事のURL | スポーツやってみよう | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴールデンウィークは・・・
- 2017/05/05(Fri) -
遊ばなくちゃ、イケナイみたいです。

人生初の、大型連休。
その中身は、
3日(水)、初日。
エデン
ジェームス・ディーン 「 エデンの東 」・「 理由なき反抗 」

観てきた場所は、
池袋‘ 新文芸坐 ’です。
昔は、
西口にあって、
新鋭監督の最先端映画が得意でした。
今は、
東口で、パチンコ屋の3階に、あります。

でも、
10時半に、1本目が上映なのですが、
300席余りの座席が、
超満員!
皆、白髪頭や、ハゲ頭ばかりで、
若い人も、チラホラいますが、
圧倒的に、後期・前期高齢者。

だって、
1,100円で、2本=4時間、楽しめますから。
お年寄りの、憩いの場です。

30年振りの、
スクリーンでの、ディーン君。
小森のオバチャマなら、狂わんばかりでしょう。

映画は、2本とも、ワイド・スクリーンで、
カラーも、編集し直したのか、
とても綺麗!

間の、休憩時間には、
持っていった、‘ 鮭オニギリ ’を、
パクついて、
しっかり、映画小僧になりました。

・・・!?

そして、
4日(木)は、
ジャンジャジャ、ジャジャ~~~ン!
埼スタ

ああ!、
憧れの、とがった屋根。

埼スタ2

初!
埼玉スタジアム、なのだ。
試合は、
浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ
世紀の決戦です。
写真は、
実際に座った座席からの、眺め。

チケット、すべて売り切れ。
座席は
「 メイン・アッパー 北側 5列 484番席 」
と言いながら、
アッパー席の、前から2列目。
浦和応援団席の、横上にあたります。

眺めは、サイコー!
天気も、サイコー!
風も、初夏の風で、サイコー!

東浦和から、バスに揺られて、
開始、30分前には、着席。
その、満員の観客には、圧ッ倒されました。
サイコー!

そして、
熱戦が、死闘が、繰り広げられたのです。
応援団の、地鳴りのような‘ 雄叫び ’が、
すぐそばで、大音量で響きます。
オモワズ、イケーッとなりますが、
いかんせん、
ナンと言ってるのか、
まったく、ワカラナイ。
隣りの初心者に訊いても、
マッタク理解不能とのコト。

まっ、イイカ。

ご存知の方も、いらっしゃると思いますが、
試合は、
0 vs 1 で、アントラーズ勝利。

レッズの、負け。

展開は、
レッズが、相手を大きく囲いますが、
なかなか突破できない。
なんせ 7:3 の割合で押してるのに、
グルグル回して、中央でグズグズしてる。

あ~~ぁ、じれったいィ~~!

試合巧者の、アントラーズの、
作戦勝ちでした。

まあ、スリーダイヤモンドは、
昔っから、こんなもんしょ、ネ。

❤今日の音楽
ビージーズ
ビージーズ 『 Holiday 』
https://www.youtube.com/watch?v=nTHDDq9nnjs

懐かしい!
シングルのA面は、名曲「 マサチューセッツ 」。
B面だった、このウラ哀しい曲は、
日本のタイガースや、テンプターズに、
受け継がれました。

HOLIDAY = 哀しい、という構図は、
何だったんでしょうか。
それは、
休みが取れない人々の、
悲しい、ヤルセナサだったのかも。

さあ、
今日は、5日・子供の日。
残りの休日、がんばっぺェ!
この記事のURL | スポーツやってみよう | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |