政治の話は、腹が立つからキライなんだが
- 2015/07/14(Tue) -
脳みそまで、アツくなって来そうなんで、
お話します。

いよいよ、
国会の、茶番劇がスタートです。
シェークスピア顔負けの不条理劇。
( 理屈の合わない悲劇 )
が、
あれもこれも、数で押し切ってしまうのでしょう。

今回、
硬い話ですが、
議決前なので、言いたい事を、
メモしておきます。

というのも、
アメリカかぶれした、
同志社大のアホ学長が、
国会で、信じられない論法を披露したもんだから、
あきれ返って、書きます。
( 同志社大のOBでなくて、よかったぁ)

――、時のお坊ちゃん総理に、モノ申します。
①押しつけられた憲法というのなら、
  正々堂々と、変える手段をとりなさい。
②アメリカとの約束が、庇護になるのを、
  なんでそんなに、ビクついてるの?
  夏までに = 今年の夏でしたっけ
  と、とぼけりゃいいじゃん。
③それより、北朝鮮にさらわれた人達は、
  帰ってくるんですか。それができないで、
  集団的自衛権なんて、??です。
④消えた年金は、何処に行ったのでしょう。
  最後の一件まで、と、言ったのは誰。
⑤アベノミクスは、値上げの口実だった!?
  潤ったのは、銀行と、自動車産業だけ。
⑥東京オリンピック決定時、
  会場でリーダーシップをとったのは誰。
  福島がコントロールされてんなら、
  新国立競技場も、あなたのコントロールだよ。

以上の主役の方によって、
この国は、大きく右にかじを取られました。
前代未聞の、歴史に残る強権政治は、
その時代の市民( 我々 )が許したと、
末代まで、語り継がれるでしょう。

腹が立つついでに、
書きます。
‘ ミニカ 足立 6609 ’
‘ プリウス 島根 ・・10 ’
‘ エルグランド 多摩 4364 ’
昨日、
ワッチの、かわゆいSカーゴの前で、
窓から、わざわざ腕を出しっぱなしで、
煙草の灰を、チョンチョンしてた車です。
最新車ですから、
車内に灰皿あるでしょうに、
ナニかっこつけてんでしょう。
二の腕を、日焼けしたかったのかなぁ?

そういえば、
火の点いたタバコを、
隣りのパン屋さんの植え込みに、
ポイ捨てした若者も、
一昨日、いました。

みんな、暑いからモヤモヤしてんですかねェ。

❤今日の音楽
ツェッペリン
レッド・ツェッペリン 『 天国への階段 』
https://www.youtube.com/watch?v=9Q7Vr3yQYWQ

1971年、
9月24日(金・秋分の日 )
午後2時30分、於:日本武道館。
その、
アリーナ席のど真ん中に、
ツェッペリンの良さが理解できない、
一人のフォーソング大好き高校生が、
戸惑いながら、聴いていました。

その、
今にして思えば、
神がかり的なジミー・ペイジのギターも、
「 ふ~~ん・・。」

天国への階段を、
一歩一歩、進むこの国は、
立ち止まることは、ないのでしょうか。
暑い中、カタイ話でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 今日の気になったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<大嵐なのか、コップの中の嵐なのか | メイン | このクソ暑い中、残念な話>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/1010-b15b8694
| メイン |