の・ようなもの のようなもの
- 2016/02/09(Tue) -
昨日、2月に入って、もう、
2度目の休みを、いただきました。

なんか、得した気分。

そんななか、
久し振りに、有楽町へ。

東京駅寄りのガード下にある、とんかつ‘ 繁 ’へ。
カウンターだけの、トンカツ専門店。
有楽町S武に勤務してた頃、
ちょくちょく伺いました。
今は、
セガレさんの代になっていて、
ずいぶん変わりました。

さて、
お目当ては、銀座東映。
プランタンの隣りにある、
東映直営の映画館。

そこで、上映されていたのが、
松竹映画 「 の・ようなもの のようなもの 」。
の
https://www.youtube.com/watch?v=3YysAVhrnAc

この映画は、
35年前に公開された、故・森田正光監督の、
デビュー作 「 の・ようなもの 」 の、続編のような作品です。

前作は
新米落語家の、
その修業時代を題材にした、
下町情緒あふれる小品でした。

前作で、主演の伊藤克信さんは、
35年経つと、
の4
こうなりました。
の3

なんか、
同窓会の、
自分の写真を見てるようで、
他人事とは思えません。
ホホえましく、なつかしいシーンばかりです。

ほら、
あまちゃんで有名になった、
怪優 ‘ でんでん ’ さんも、
の5
おっつぁんとしての気品が、
の6

主演は、松山ケンイチさん。
兄弟子は、前作と同じ、尾藤イサオさん。
そして、
森田監督にゆかりのある俳優たちが、
チョビットづつ、出演してて、
映画とは別な意味で、イイです。

アクセントとなる女性は、
この度、ご結婚なされた、北川景子さんなんですが、
そのヤンキーぶりが、ナカナカでした。
の7


余談ですが、
彼女のデビュー作の監督が、
森田監督でした。
映画を撮り終わって、こう仰ったそうです。
「 これからも、女優を続けて下さいね。」

彼女を発掘した森田監督の葬儀で、
の2
オオ泣きしてたのが、
景子さんでした。

❤今日の音楽
の8
尾藤イサオ 『 シー・ユー・アゲイン雰囲気 』
https://www.youtube.com/watch?v=6lpowfF7lvg

この動画の、「 ふたきたかいs 」さんのコメントが、
ワッチとまったく、同じでした。

ただ、二つだけ、心残り。
一つは、
前回ヒロインの、秋吉久美子さんが、
出演してなかった事。
そして、もうひとつは、
芸人の、つかじーが、
銭湯の脱衣所でコーヒー牛乳を飲むシーン。
椅子に片足のせて、波止場のマドラス気分で、
飲んでいるのですが、
あれは、
手を腰に、どうだ参ったかポーズではないかと・・。

ホッコリする、懐かしい映画の話でした。
観客は、10人ほどでした・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | 想い出の映画・演劇 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<空の虹に、一番近い草原 | メイン | 「 タクシードライバーって、お酒の名前なんですか!」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/1121-0f5dd083
| メイン |