高田 渡 考
- 2016/05/30(Mon) -
今日は、昔の、フォークソングの話。

高校一年生の時に、
衝撃的に、出会いました。
大阪の、‘ URCレコード ’という会社から、
LPレコードが、発売されました。
片面が、「 高田渡 」で、
裏面に「 五つの赤い風船 」。
カップリングと云うのか、予算が無かったからなのか、
微妙な、レコードでした。

その後、
メジャーの、‘ キングレコード ’から、
両面とも、ご本人のアルバムが発売。
この、バナナのレコードが、
とっても、イカしてました。

渡
高田 渡 『 ごあいさつ 』

♪ やあやどうも、やあどうもォ ♪
谷川俊太郎の詩で始まる、
「 ごあいさつ 」から、
「 自転車にのって 」まで、
渾身のイイ曲ばかりで、ありました。

そこには、
添田 唖蝉坊(そえだ あぜんぼう)に始まり、
吉野弘、木島始、ラングストン・ヒューズ、
エミリィ・ディッケンソン、山之口獏、などなど。
高校生にとっては、
入門書的、詩人たちばかり。
そして、
独特のメロディが、老け顔の渡さんから、
発せられるのでした。

その中でも、
一番好きな曲が、
『 コーヒーブルース 』
https://www.youtube.com/watch?v=0QuTTY0U-S8
唄に登場する‘ イノダコーヒー ’には、
京都に行くたび、必ず、訪れます。

『 鮪に鰯 』
https://www.youtube.com/watch?v=-ziN6PAClcQ
山之口 獏さんの詩を、
ネットリと、歌い上げてます。

『 アイスクリーム 』
https://www.youtube.com/watch?v=OMZKRMPz1Xc
こんなお茶目な一面も、ありました。

『 夕焼け 』
https://www.youtube.com/watch?v=afBivN6uUok
妙に説得力のある、高田節、炸裂な唄です。

以上のような、高田渡の迷曲を、
あえて、皆様方に、お贈りするのは、
町で見かけた、
こんな CMが、キッカケでした。

渡2
『 ガリガリ君 赤城乳業 』
https://www.youtube.com/watch?v=xpltiHWtvXA
バックに流れるのは、
高田渡の「 値上げ 」。
政治家の国会答弁を、茶化した唄です。

40年以上も経ってるのに、
ピッタンコ・カンカンです。

そんな訳で、
本日は、高田 渡の、アンヒット・パレードでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 心に残る音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<5月も今日で、終わりです | メイン | ポレポレ5月誕生会>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/1172-90fb0429
| メイン |