途方に暮れて
- 2016/06/13(Mon) -
お詫び会見や、
釈明会見、第三者お墨付き会見など、
次々と、
メディアで、行なわれています。

別に、謝られても、
当方、どっちでもいいのですが、
世間さまは、そうはイカナイラシイ。

でも、
その中でも、
きらりと、ウィットにとんだ会見も。
「 アモ~~レ!」

不倫だの、ゲスだの、
税金の無駄、人として、いかがなものか・・・。

そして、
海老蔵クンも、
妻の病気で、記者会見。

スキャンダルでなく、
人の生き死に関する、デリケートな釈明。

とっても、
懐かしいような、人の心をつかむ、
センテンスが、出てきました。

「 聞いた時、途方に暮れてしまいました。」

非常にナイーブな、日本語です。

今までの人生、
何度か、経験があります。
でも、
二十年に、一回あるかないか・・。

とても他人には、言えないし、
わかってもらえない事柄が、
自分に押し寄せてきた時、
ボソッと、呟く言葉です。

‘ 人生、死ぬこと以外、カスリ傷 ’

大竹まことさんの、
激励の言葉が、身に沁みます。

本日、ナミダ雨。
心の洗濯に、
新宿・紀伊国屋ホールに、
‘ 柳家小三治 ’の落語を、聴いて、めいりやす。
の2
本名:郡山 剛蔵、都立青山高校ご卒業。
若い頃、大型バイクに、乗っておりました。

本日の演目は、「 青菜 」
50有余年続く、紀伊国屋寄席で~~す。

❤今日の音楽
の
大澤 誉志幸 & NOKKO 『 そして僕は途方に暮れる 』
https://www.youtube.com/watch?v=z4Lz7hA0Lmk

失恋ソングの、大定番曲。
オリジナルは、大澤さん一人ですが、
そこに、レベッカの、NOKKOちゃんが加わると、
暗~~い曲が、生まれ変わりました。

銀色夏生の、一世一代の、作詞です。

海老クンも、
まおちゃんと、一緒なら、
途方に暮れるなんてこと、ないよ。
だから、
そんな言葉は、忘れちゃいな。
二人だったら、ダイジョービ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 今日の気になったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<炎の、厨房。 | メイン | 実家が、綺麗になりました。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/1180-5ca76844
| メイン |