このミステリーが、面白い!
- 2016/09/13(Tue) -
ご存知、
「 このミステリーが、面白い!」
今年の、ミステリー本屋大賞が、
候補作が決まってないうちに、
早々と、決定いたしました。

題名 「 そして、地下は空洞となった・・。」
著者 小池 百合子&有識者ブレーン

その内容は、
誰もが、耳を疑う、その奇抜なアイデア。
予想もしなかった、恐ろしい結末。
そして、
幻の犯人は、実在するのか?

ある日突然、判明した事実と、
噴出した謎の数々。
その、
おどろおどろした、前世からの因縁。
どれを取っても、
前代未聞な、筋書きは、
とうてい、
並みの人間には、想像できない世界でした。

巨匠・横溝正史の八つ墓村を、凌駕した、
呪われた怨念を、あぶり出す。

刊行された本の帯には、
「 あなただけが知りうる、
  魑魅魍魎の、政治利権 」
「 身も凍るような、仁義なき政治の戦い 」
「 知らなきゃよかった、食の安全神話 」
「 馬鹿な○●が、ドンを作った!」
「 アホな▲△が、税金というイケニエを、差し出す 」
「 地下の裏社会で繰りひろげられる、
 ゲンナマの埋め戻し作業 」

これらすべてが、
人生の縮図、社会の典範、利権のビニールハウス栽培。

ありとあらゆる、褒め言葉が、続きます。

来年には、
強力な、続編も期待されます。
出版元は、文芸春秋社。
さらに、週刊文春編集局が、
強力なバックアップ体制を、敷いているとか。

乞うご期待。

❤今日の音楽
地下室
映画 『 地下室のメロディ 』
https://www.youtube.com/watch?v=QmuJsV3Op68

仏蘭西映画、
主演は、ジャン・ギャバンとアラン・ドロン。

言わずと知れた、銀行強盗映画の、金字塔。
まだ観てない方、
すぐTUTAYAに行って、借りて観なさい。
でなきゃ、
フランス映画も、銀行強盗についても、
語る資格が、アリマシェン。

そのシャレた痛快なエンディングが、
あなたを、シェレル・コンソム・ド・マダ~ム、
そして、ダ~バン・・と、誘うでしょう。

ちなみに、この映画をパクって、
次の年( 東京オリンピック開催年 )に、
東映時代劇映画 「 御金蔵破り 」 、
主演 片岡知恵蔵と大川橋蔵にて、封切されました。
もちろん、
ドロン役が、橋蔵です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 今日の気になったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<満月でないのに、十五夜 | メイン | 9月9日は、いったい何の日?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/1218-50ff9c31
| メイン |