シャケンという、不思議な制度
- 2016/10/12(Wed) -
今、乗っている愛車‘ ファン・カーゴ ’が、
10月末で、車検となります。
それを見つけた、
蕨の、エネオス・ガソリンスタンド。
「 いつでも見積もりしますから、
  是非、当スタンドを、ご利用下さい!」

と、
6万円チョットで、車検ができるそうな。
じゃぁ、
見積もってもらいましょうと、伺ったら、
「 本日、洗車・整備が混んでまして、
  手の空いてる人間が、いません。
   後日、お願いしま~す。」
という訳で、後日、伺いました。

70歳くらいのオジサンが、
見積もりのため、エンジン内部や、
足回りを点検しました。
「 エンジンオイルが、汚れてますので、
  交換します。ブレーキパッドも、交換ですね。
  フロントガラスの傷は、ガラスを変えないと、
  無理かも、しれません。エッ!
  そうなんですよ。車検場に持ち込み、
  検査を受けるもんで、修理工場と違って、
  チェックが、厳しいんですよォ。」
「 えェ、ブレーキパッドの交換だけでも、
 1万6千円、かかりますよ。
 えェ、お客さん、それ位あたり前ですよ。」

ブレーキパッドは、アマゾンで3~4千円で買えます。
卸しだったら、それ以下かも知れません。
そりゃあ、高いぜヨ!と、申し上げたら、
やらなくてイイヨ・オーラが、全開でした。

とっとと尻尾を巻いて、
貧乏人は、逃げ出しました。
蕨の、西の方にあるエネオスでした。
安い値段にゃ、訳があったのでした。

しかしながら、
2~3年置きに、受けなければならない、
日本独自の、「 シャケン 」システム。
これでもって、自動車修理関連ヒトビトの、
台所を、マカナッテいるのでしょう。
・・・不思議な、システムです。  

いったい誰が、決めたんでしょうか?!

❤今日の音楽
サルビア
早川 義夫 『 サルビアの花 』
https://www.youtube.com/watch?v=k08cR49u0Tc#t=43

サルビアの花が、アチコチで見受けられます。
義夫さんの、サルビアの花は、
最初に発表されたアルバムでは、
もちっと静かに、歌ってました。
そう、
髪の毛が、背中の半分くらいの頃です。

昨夜の、
ワールドカップ・サッカー試合。
負けなかったから、良しとしましょう。
でも、
サッカー経験者としては、
ものすごく‘ つまんねぇ ’試合でした。
でも、これも実力なんです。
野球で云えば、
140km しか投げられない投手に、
160kmを期待しても、無理。
だから、
「 ガンバレェ~、ガンバレェ~!」
スポンサーサイト
この記事のURL | 今日の気になったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今年の新米が、やって来ました! | メイン | 芸術の秋>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/1230-36bf2143
| メイン |