討ち入り前夜
- 2011/12/09(Fri) -
この季節になると、
どこからともなく、あの浪花節。
そう、
赤穂浪士。
今朝、初雪降りましたね。
やはり、
雪 = 討ち入り の図式は、日本人のルーツ。

今回は、50歳以下の方々を、まったく無視して
話を、ススメます。

時は、昭和39年、世の中、高度成長期の
まっただ中。
あの、東京オリンピックが開催された1964年は、
もうひとつの、ドラマが、生れたのだった!ベベン・ベン・ベン!

赤穂浪士
NHK大河ドラマ『 赤穂浪士 』 主演 大石内蔵助 オオイシ クラノスケ 【 長谷川 一夫 】
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=PVw6cs4EzKY
一年間、テレビにクギズケになったので、ございます。
そして、
そこには、二人のヒーローが・・・。

赤穂浪士2
矢頭 右衛門七 ヤトウ エモシチ 【 舟木一夫 】

あの‘高校三年生’です。

四十七士の、最年少は大石のセガレ、大石 主税 オオイシ チカラ。
義士に加わりたいという言う、矢頭に、まだ若いからダメと。

「 家老のご子息は、加われても、
  足軽の子は、駄目と云われる。
   死んだ殿さまを、思う気持ちは、同じなのに・・・。」

舟木一夫、一世一代の、名セリフ!
メデタク、義士に加わり、義憤を晴らすことに。

エカッタ。

それと、もう一人。
浪人・堀田隼人 【 林 与一 】の影につき、
赤穂の浪士たちを助ける、不思議な人物。

画像は、ありませんでしたが、この人物。
赤穂浪士3
蜘蛛の陣十郎 クモノ ジンジュウロウ 【 宇野重吉 】

昔は、大泥棒だった、らしい。
家の物陰から、屋根の上から、垣根の向こうから、
突如、低く、くぐもった声で、
「 アッシです。ボソボソ・・・。」

皆、血気盛んに芝居する中、異様な存在感。
小学生にとっては、逆に、圧倒的リアル感。

その後、
お二人の活躍は、ご存知の通り。
そして、
重吉さんの、セガレは、こんな立派に。
寺尾聡
「 雨あがる 」 寺尾 聡

日本レコード大賞と、日本アカデミー主演男優賞の
ダブル受賞は、
この方のみ。

抑えたシャベリは、父親譲り。
重吉っつあん、アキラは、イイ役者になったもんだよ。

❤今日の音楽
サベージ
ザ・サベージ 『 いつまでも いつまでも 』 『 この手のひらに愛を 』
http://www.youtube.com/watch?v=R-6BzXc73xc&feature=player_detailpage

おじさんバンドに、なってしまいましたが、
寺尾聡の、原点。
ブルコメ、スパイダーズ、
ジャガーズ、ワイルドワンズの面々も。

マチャアキと、ヒロミが、
まだ、仲良かった頃ですな。
ヒッヒッヒ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 昔の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<新着 丹波ワイン | メイン | ちょっと、あれですが>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/281-6b62545c
| メイン |