男と女
- 2011/12/20(Tue) -
世の中には、切っても切れない、男女の仲。
それは、
の、ようなものとして、存在します。


男坂
一直線で、凛々 リリ しい。
愚直に、上を目指す。


女坂
踊り場があって、優しい。
ちょっと、クネっとしている処が、色っぽい。

ここ、大江戸神田、駿河台の、
30~40mしか、離れていない所に、
ふたつの坂は、あります。
その名もズバリ、「 男坂 」・「 女坂 」
ちょうど、お茶ノ水駅から、神保町の交差点に向かい、
街を、ハスに突っ切って行くと、
崖の上から、落ちるような感覚で、
この坂が、あります。

女坂を、降りて行って、
カノ神田女学園をかすめて進むと、
ワッチの大好きな、
いもや
天婦羅 「 いもや 」

こちらは、神保町交差点の手前です。
白山通りを、渡ると、
本店と呼ばれている、天婦羅・いもやが、ありますが、
そっちじゃ、ないです。
いもや2
あっちは、スチールの皿で、味噌汁はシジミ。
こっちは、
豆腐の味噌汁で、陶器の皿。
肝心なことは、
揚げてる親父さんが、昔、パチンコ人生劇場の裏、
天婦羅と、とんかつの店が、鍵の字型に繋がってた、
ワッチが、大学時代に、何百回と(ん?何十回かな)
通った天婦羅・いもやの、親父さんなのです。

シツコイって?
いや、ここが、コダワリナンデス!
まあ、聞いて下さい。
トンカツを、揚げてたお兄さんは、
今、栃木・藤岡町で、とんかつ「 いもや 」を
やってます。
天婦羅のオヤジさんが、何処へ行ってしまったのか、
ここ数年、気がかりでしたが、
今年、やっと、見つけたのでした。

懐かしくって、オモワズ、声を掛けたかったですが、
そこは、グッとこらえて、
「 御馳走さんです。」

そして帰りは、男坂を、一気に登るのです。

追記:昨日は、天ぷら定食に、お新香と、
    アナゴを、つけちゃいました。
    〆て、金900円也。最高!

❤今日の音楽
由紀さおり 
由紀さおり 『 ルームライト 』
http://www.youtube.com/watch?v=6IOAOsKkQyM&feature=player_detailpage

今、世界的大ヒットらしいです。
「 夜明けのスキャット 」
坂本九ちゃんの唄が、‘スキヤキ’なら、
彼女の唄は、‘テンプ~ラ’ですかな。
でも、
タクローの曲は、なかなか・・・ですよ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅・遠くへ行きたい | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<寒さ本番 | メイン | 歳末大福引大会>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/289-7ac9d5fb
| メイン |