七夕だと、いうのに
- 2012/07/06(Fri) -
明日は、七月七日の、たなばた祭。

でも、

お店には、笹飾りの準備もなく、
出会いの、ハプニングもなく、
ただ、ナントナク、過ぎようと、
してました。

が、

あるのでした、話題が。

七夕4
今年、初めて、お出しした、トウミギ。

結構、甘く熟してました。
昨日、小鉢のひとつで、初お目見え。
夜には、誰かの胃袋に、納まりました。
不定期ですが、これからボチボチと。
で、
粒の数だけ、ヒゲがあること、知ってます?

なお、恒例の、
地場、枝付きエダマメは、今週から、
一年ぶりの、登場です。
こちらは、メニューとして、提供です。

次は、不思議な話。

七夕3
これって、先代の、千円札です。
一番手前は、ピン札。

お客様から、お帰りの際、頂戴したなかに、
混じっていたものが、こんなに、溜まりました。

何かの、縁起ものにならないかと、残してます。
是非、
そのようなことに、使いたい方あれば、
お譲りします。ヨカッタラ。
もちろん、
千円 = 千円ですヨ!

さて、真打登場。

七夕
始めて、聞いた・見た雑誌です。

農業関係の、専門誌なのですが、

七夕2
お客様の、ODGさんが、載ってました。
今回は、
袋とじでは、アリマセン。

巻頭、白黒グラビアです。

教授の記事は、
英国留学の、お話で、
お店では、決して見る事の出来ない、
学校での、一面が、垣間見れます。
ウフフ!

本全体の内容は、
発禁にならない程度に、難解ですが、
農家と、その従事者達の、
血しぶきが、ホトバシッテます。

お店にありますんで、
是非、ご覧ください。

❤今日の映画
田園に死す
寺山修二監督 『 田園に死す 』
http://www.youtube.com/watch?v=QbFZXVU1FF4

昔の、アングラ映画の、代表作。
あの、ATG作品。
そして、「 天井桟敷 」という、
恐ろしい前衛劇団の、映画です。
でも、
主役は、東映映画の、アンチ・ヒーロー
‘ 菅 貫太郎 ’スガ カンタロウ。
ワッチの大好きな、悪役のひとり。
菅貫太郎  菅貫太郎2
59歳の若さで、交通事故死だったのですが、
憶えてる人、いるかなぁ・・・。

不思議な、フシギナ、映画でした。

寺山修二は、歌人でありながら、
‘ 田園に死す ’や、‘ 書を捨てよ、街に出よう ’など、
若者たちに、意識革命を、もたらしました。
混沌とした、時代。
ただ、
彼の、短歌は、切れ味鋭い、刃物でした。

‘ 田園 ’と聞いて、想い出しました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 元ポレポレ食堂の話題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<浦和の、中華屋さん | メイン | 小さな、古時計>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/431-a34af1e0
| メイン |