賞ほど素敵な商売は、ない
- 2012/10/15(Mon) -
ちょっと、落ち着いたので、
私見 シケン を、ご披露、いたします。
多少の、知ったかぶりが含まれますが、
悪意は、
アリマセン。

村上 春樹さん。

見事、ノーベル文学賞を、逃しました。
世界中で、ベストセラーになっているのは、
事実らしいです。

でも、
ダメでした。
大江健三郎さんは、
中国の、莫言さんが受賞すると、
公言してましたネ。
まあ、
大江さんは、
芥川賞の、選考会で、
村上さんを、ボロクソにけなして、
受賞させなかった事実が、ありますんで、
自分と同じ、ノーベル賞を、
とことん邪魔したかったんでしょうネ。
( 意見には、個人差があります。)
風の歌を聴け
芥川賞選考会で、モメた「 風の歌を聴け 」

ですんで、
村上さんは、芥川賞も、直木賞も、
受賞してません。
こんな作家が、
日本の作家の中に、もう一人、いました。
そう、
あの、‘ 太宰治 ’大先生です。

笑っちゃうくらい、ホントの話。

だから、
彼が生きていたら、
ノーベル文学賞、日本人第一号は、
川端康成じゃなくて、太宰だったかも!

ということで、
選ぶほうと、選ばれるほうでは、
ドチラが、優秀なのか、考えさせられます。
てなわけで、
混んでいるから、おいしいとか、
評判がいいから、ウマイだとか、
迂闊に、信じちゃ、ダメなのです。
ポレポレだって、???かもね。

もらえるなら、
ラーメン界の、MY・WAYノンビリ賞でも、
いただきましょうかね!

ところで、
村上春樹と、J.D.サリンジャーの作風が、
似通っていると思うのは、
ワッチだけですかね。
( 知ったかブリには、個人差があります。)

❤今日の音楽
映画 風の歌を聴け
映画 『 風の歌を聴け 』  大森一樹 監督作品
http://www.youtube.com/watch?v=L3oQkKQ92mk

大森監督は、村上春樹の、中学校の後輩です。
先輩の原作を、
ナントナク畏敬の念を持って、映画化してます。
‘ まじめな、青春映画 ’
当時貼られた、レッテルですが、
言い得て妙。

バックに流れるのは、
今年、再流行の、
ビーチ・ボーイズ「 カリフォルニア ガール 」
古めかしくって、とってもイイ。

主演の、小林薫さんの、
自信の無さが、秀逸です。
かおるちゃんも、若かったですなぁ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 読んで欲しい本・小説 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<弁当だって、イロイロある。 | メイン | 自動ドアーと、珈琲>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/478-6eea5e0d
| メイン |