勲章
- 2012/11/06(Tue) -
「 今回はたくさんの受章者の方に紛れて、
    こっそり、頂いてしまうことになりました。」

今年の、秋の叙勲で、
ジャズピアニストの、山下洋輔さんが、
‘ 旭日小綬章 ’を、受章されました。
佐久間良子さんや、ちばてつやさんと、
一緒なのですが、こっそりなんて言うのが、
洋輔さんらしいです。
山下洋輔

洋輔さんの、ジャズは、
俗に言う、フリージャズ。
つまり、メチャクチャなんですが、
そこが、快感!
主旋律を弾いたかと思うと、アサッテに、飛んでゆく。
戻ったと思ったら、アラスカに、行ってしまう。
月には、着陸するは、海に潜るは、
「 もう、大変なんすっから!?」( 林家三平調 )

そして、
その文筆家ぶりも、半端じゃありません。
「 風雲ジャズ帖 」「 ピアニストを笑え!」などの、
エッセイは、伊丹十三・東海林さだおと共に、
日本3大エッセイストと、アガメタテラレテ、おります。

とっても、いいひと。
ものすごく、穏やか。
昔日、
足利市民会館で、コンサートを、開催。
用意したピアノは、スタインウェイのフルコンサート。
いわば、世界の最高峰の、グランドピアノです。
しかし、
当日になって、
舞台の上に、用意されたのは、
ヤマハの、ボロボロの、フルコン!
市民会館の職員に、詰め寄ったのですが、
「 なんせ、ピアノを肘で叩くって、ゆうんじゃ、
  スタインウェイを、貸す訳には、いきませんヨ。」

なんだ、この野郎っと、なりましたが、
洋輔さんは、ナニも動ぜず、
「 いいじゃない、同じピアノなんだから。」

もちろん、
サックスの坂田明さん、ドラマの小山彰太さんと、
火の出るような、コンサートでした。
コンサート終了後、東武電車で、
東京に戻ることに。
でも、12時過ぎに、北千住着。
そっから自宅までは、交通の便が???でした。
「 いいんじゃない、地べたはツナガッテルし、大丈夫。」

男が、惚れる男とは、
洋輔さんのような、方です。
叙勲オメデトウ、ございます。
もらえるモノは、何でも、貰っちゃって下さい。

❤今日の音楽
山下洋輔2
山下洋輔 『 Greensleeves 』
http://www.youtube.com/watch?v=adROtHfMsVc

アメリカ民謡、グリーンスリーブスが、
ブルースになって、演奏されてます。
チョット長いですが、
引き込まれる、演奏です。
クラッシックの高尚な演奏と、
なんら遜色が、ありません。

ヒゲの似合う洋輔さん。
お父さんは、ヒゲタ醤油の、重役でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 心に残る音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<誰も教えてくれなかった事 | メイン | 辛口の酒>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/492-12f9145f
| メイン |