ごめんなさい、一緒に・・・。
- 2012/12/07(Fri) -
今日のブログは、重いです。

自分一人では、あれなんで、
皆さんにも、
少し、助けていただきたく、
UPします。

前置きが、勿体ぶってますが、
コチラです。
東京新聞
12月6日 東京新聞・朝刊

5日の水曜日、夕方6時ころ、
スタッフのメグちゃんと、TVを見てたら、
京浜東北線の、上中里駅で、人身事故。
制服姿の少女が、飛び込んだ可能性があるという。

‘ あら、大変!電車、止まってるかも?’

その時は、それだけ。
で、
昨日、朝刊を開店前に、読んでたら、
上記のような、小さい記事。
でも、
最後の、数行に、目が釘づけ。
  “ 事故直前、少女はホーム上で、
    立ったり座ったりする動作を、
     繰り返していたという。”

とてもじゃないが、
ワッチ一人の胸に、収め切れなかったのです。
どれほど悩んで、飛び込んだのでしょう。
・・・・。

気分を変えて、
ウレシ涙の、お話。
つい、一か月前くらいの、テレビ。
NHK「 ファミリー・ヒストリー 」
内容は、
俳優の、浅野忠信さんの、
おじいさん、ウィラードについての、お話。
浅野
浅野忠信さんと、お母さんの順子さん。

アメリカ人の、お祖父さんは、
戦後の日本に、米兵として着任し、
芸者だった祖母と知り合い、結婚。
そして、忠信の母・順子を、出産し、
朝鮮戦争の、終戦によって、
アメリカに一緒に帰ろうとしたが、
祖母・イチ子は、日本にとどまる。

ここまでは、忠信・順子親子も、
イチ子さんから聞いて、知っていた模様。
その後を、NHKの取材陣が、追う。

ウィラード爺さんは、
アメリカで、再婚し、
奥さんの連れ子を、一緒に育てた。
そして、
その子どもたち( と云っても、60歳は過ぎていた。)と、
ご対面。
ウィラード爺さんとは、
血が繋がっていなくとも、実の兄弟の対面のよう。

そして、
その兄さんから、
「 今回の話があったので、父の遺品を整理してみた。
   亡くなった時、持っていたサイフの中から、
    一枚の写真が、出てきました。」
浅野2
片時も離さず、死ぬまで持っていた、一枚の写真。

イイ話でした。

閑話休題

明日、
明治大学のリバティ・ホールで、
ちょっとした、セミナーが開催されます。
お客さんの、ODG教授が、司会役。
晴れ姿を拝みたいのですが、
仕事の都合で、お邪魔できないので、
影ながら、応援してます。
東京新聞2

本日は、変な話にお付き合いいただき、
ありがとうございました。

❤今日の音楽
楽譜
吉田拓郎 『 どうしてこんなに悲しいんだろう 』
http://www.youtube.com/watch?v=Zucwo6EH7Tw

ちょっと悲しい話から、
ちょっとウレシイ話。
いろんな泪が、ありますが、
元気が出る、この唄を、口ずさみましょう。

こんな、いい天気なんですから、
‘ オテントサマに、申し訳ない!’
スポンサーサイト
この記事のURL | 今日の気になったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<♪ さかな、サカナ、さかな~、魚を食べると ♪ | メイン | 誕生会、ヨモヤマ話>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/511-0f3cc7a4
| メイン |