夫婦酒 めおとざけ
- 2013/02/16(Sat) -
地酒は、土地それぞれ、
味も、いろいろ。

栃木の蕎麦屋、‘ いづるや ’で、
修行していた頃、
小山市の蔵元が、お酒を持って売り込みに。

“ 鳳凰美田 ほうおうびでん ”

凝ったネーミングです。
まあ、
普通、名前負けするのが、常。

でも、
流行りの言葉でいえば、フルーティ。
ガハハ、冗談です。
お米の香りのする、まあまあの、お酒。

小山の、小林酒造さんは、
セガレの専務さんが、杜氏を、
奥さんが、麹担当だそうです。
( 日本酒の学校で、研究してたそうです。)
小林酒造

いろいろ、珍しい果実酒を製造してますし、
もちろん、
日本酒も、多品種。

ポレポレでも、
日本酒より、コチラが有名。
ゆず  梅酒
あの、ゆず酒、甘くない、梅酒。

その他にも、桃酒、あんず酒などなど。

夫婦で、お酒を醸造するなんて、
あんまり聞いたことありません。
珍しい!
これがホントの、
‘ 夫婦酒 ’
でしょう。

❤今日の音楽
酒とバラの日々
映画『 酒とバラの日々 』テーマ曲
http://www.youtube.com/watch?v=g823dAO_IGU

喜劇役者と思われていた、ジャック・レモン。
この映画では、
アル中の営業マンとして、
迫真の演技を、披露してます。
奥さん役の、リー・レミックも、
酒に溺れていく姿を、
マジじゃないかと思われるほど。

音楽は、ヘンリー・マンシーニ。
世界中の、アレンジャーの神様的存在。
いろんな歌手が、唄ってますが、
映画の雰囲気は、
オーケストラが、一番。

「 アルコールは、ほどほどに!」

自戒を込めて・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | ウマイ日本酒 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<陽水の、好きなモノ | メイン | 岳 ガク>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/553-5d18c455
| メイン |