犬伏の別れ
- 2013/12/06(Fri) -
‘ 歴ドル ’
‘ 城ガール ’
‘ 戦国ウォッチャー ’

はやりらしい。

「 花の慶二 」から
始まったと云われる、
戦国武将の、ファン。

その中でも、
ずば抜けた人気なのが、
大坂城冬の陣で、
非業の死をとげた、
「 真田幸村 」

ワッチのガキの頃は、
‘ 真田十勇士 ‘
とりわけ、
「 猿飛佐助 」なる、
忍者のパイオニアが、大人気。
猿飛佐助
東映での、大人気アニメ映画!

閑話休題

長野県上田市から、
北へ、菅平方面に向かうと、
真田氏、ゆかりの地という、
真田町に抜ける。
この峠道は、
国道18号と平行しており、
更埴市への回り道として、
絶景です。
国道が、常に大渋滞だったので、
よく利用しました。
途中、‘ 地蔵峠 ’があり、
冬季は凍っていて、
たまんないスリルを、
味わえました。

長野市近辺では、
「 十萬石 」という、
うどん屋さんが、
六文銭の旗印で、
営業してました。
十万石

そんな訳で、
チョコッとは、
縁があるんですが、
驚きの、事実。
「 犬伏 イヌブシ の別れ 」
真田

幸村+父・昌幸が、
長兄の信之と、
豊臣方、徳川方に分かれ、
親子・兄弟の縁を切る、
その重大なセレモニーが、
なんと、
今はさること、400年以上前に、
栃木県は、佐野市。
東の一帯、犬伏で、
執り行われたのでした。

犬伏と云えば、
米山 ヨネヤマ と呼ばれる、
ポッコリとした古墳があります。
真田2

ちょうど、
今人気の、
「 あけみ寿司犬伏店 」の前ですネ。

戦国武将に、興味のない方には、
チンプンカンプンの話でしたが、
そのスジの方には、
大変、有意義な、
講釈ではなかったかと、
自負しております。

その昔、
佐野源左衛門が、
時の北条氏を、
大切な盆栽の鉢の木を燃やし、
暖をとってもらった話と、
相通じるものがあります。
( 単なる、お国自慢です。)

そして、
現在の、武士、
‘ さのまる ’にも、
下野武士の血は、
脈々と受け継がれているので、
アリマス。

♪ べぇべぇん、ベン ♪

❤今日の音楽
早乙女太一
上妻宏光:三味線と唄、 早乙女太一:舞 『 田原坂 タバルザカ 』
http://www.youtube.com/watch?v=4tZDcH7ckHM

熊本民謡。
津軽三味線の天才奏者、上妻と、
大衆演劇のスター、太一の、
奇跡のジョイント。

日本史3大決戦は、
‘ 豊臣・徳川、大坂城夏・冬の陣 ’
‘ 西南戦争、田原坂・吉次峠 ’
‘ 太平洋戦争、硫黄島決戦 ’
で決まり。
( 意見には、個人差があります。)

‘ 田原坂 ’について、
詳しくは、
司馬遼太郎 著 「 翔ぶが如く 」
を、是非、読んで下さい、
日本人ならば・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | 昔の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<忘年会の、はじまり、はじまり~ぃ | メイン | 冬の夜空>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/707-8b414b36
| メイン |