無題
- 2014/02/20(Thu) -
泣き虫である。

ガキの頃、
家族に、
つけられたアダ名が、
‘ 泣き虫よっちゃん ’

今になっても、
涙もろい。
小説、フィックション、
音楽、スポーツ。
すぐ感動して、
泣く。

でも、
映画は、
リアルすぎて、
あんまり、泣かない。

今日は、
コレで、
ナイタ。

筆洗
「 東京新聞 筆洗 」 ( あえて、全文掲載 )

 大雪。山梨県早川町。その町の二人の職員は

八キロの雪道を歩いている。段ボール二個分の

非常食をリュックサックに背負っている。

往復十時間。雪と闘いながら前へ進む。

孤立し、食料が尽きかけている「 誰か 」のために。

 やはり雪で立ち往生した中央道の談合坂サービスエリア。

その製パン会社の運転手は積み荷の菓子パンを

ただで配布している。

おなかをすかせた「 誰か 」のために。

 地上すれすれにヘリコプターが空中静止している。

その自衛隊員は積もった雪の中へ飛び降りる。

深い雪。足を取られて思うようには歩けない。

それでも必死で立ち上がろうとしている。

「 誰か 」のために。

 インドネシア・バリ島。ダイビング中、行方不明に

なっていた日本人女性が岩場で見つかる。救助の船が

近づこうとするが、高い波が邪魔をする。現地の人か。

その男の人は泳いで岩場に向かっている。

懸命に泳ぐ。肩を寄せ合い救助を待つ

「 誰か 」のために。

 ソチ五輪。ノルディックスキー・ジャンプ男子団体。

葛西紀明選手。個人戦で銀メダルに輝いても泣かなかったが、

団体での銅メダルには声を上げて泣いている。

銀メダルを自分のことのように喜んでくれたチームメートに

団体戦でメダルを、どうしても取らせたかった。仲間という

「 誰か 」のために。

 講釈は無用であろう。日本や日本人に起きた、

「 ある一日 」の出来事である。

以上、長々と引用しました。
日本人も、
いや、
人間すべて、自然・動物も含め、
そぉ、
捨てたもんじゃない。

また、
漫画「 岳 」を、
読み返したくなりました。

❤今日の音楽
片平里菜
片平里菜 『 女の子は泣かない 』
https://www.youtube.com/watch?v=eNM6Xz7JMTY

ゴメンナサイ。
もう、
メソメソしません。
男なんだから、
もう、
オジサンなんだから、
ウジウジしません。

そう、
笑っちゃいましょう。
ハッハッハァ。
そうなんですヨ。
ハッハッハぁ~。
でも、
オジサンはねェ、
目から、
汗が、アセが、
出てきちゃうんですヨ~ォ!
スポンサーサイト
この記事のURL | 今日の気になったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ランチ族 | メイン | 栃木の、おきて>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/743-1f590600
| メイン |