感動の、嵐 vol.2
- 2014/07/30(Wed) -
28日、
明治大学・和泉校舎で、
昼食を頂いた後、
向かった先は、新宿。

ゴジラ6
「 GODZILLA 」

新宿ピカデリーのお客さんは、
平均年齢、高~~ぁ。

そして、
3D、初体験。

専用メガネを、使用します。
飛び出る感より、
遠近立体感という、見え方。

遠くをハッキリさせると、
近くは、ボンヤリ。
または、
その逆。
まあまあでした。
ただ一つ難点は、
ワッチのまつ毛が、長いのか、
レンズに、ちょっとカスリマス。
少し気になりました。

それより、
なにより、
映画の中身。

・・・。

言葉に尽くせません。
素晴らしい。
この監督、日本版ゴジラを、
徹底的に観たんでしょうなあ。
素晴らしい。

是非、ご覧あれ。

ウルトラマンや、仮面ライダーなんぞ、
クソクラエである。

ましては、
アニメや、チマチマした四畳半映画や、
世界の真ん中で叫ぶ映画なぞ、
ぶっ飛んでしまった。
( 意見には、個人差があります。)

どっかの、オカマの映画評論家は、
ゴジラの登場が、遅いなんぞ、
のたもうておりましたが、
焦らすのが、ゴジラでありまして、
ナンの、違和感もありません。

素晴らしい!

終わって、
映画館から出てきた時に、
新宿の高層ビル群にむかって、
「 ガオーッ 」と、
炎を吐きたく、なりました。

❤今日の音楽
渡辺謙
映画「 GODZILLA 」 予告編
https://www.youtube.com/watch?v=a_WRsHyOTjY

誤解のないよう、
内容に触れますが、
ゴジラは、放射能を餌とする、
鳥獣怪獣を、人類・地球から、
救うのです。

そして、
怪獣をやっつけた、
ゴジラは、
闘い疲れながら、
海へと帰って行きました。

当然ながら、
続編が、
発表された模様です。

そう、
‘ ゴジラ ’は、
人類が困った時に、
凶暴な登場の仕方で、
救いにやってくるヒーローなのです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 想い出の映画・演劇 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<話が、チガウ! | メイン | 感動の、嵐>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/819-d87ac600
| メイン |