ごめんね、青春
- 2014/09/25(Thu) -
ちょっと、バンカラな口のきき方は、
人格形成に大事な思春期に、
このような環境にあったことが、
原因かもしれない。

すぐ、逆切れする。
自分の考えを、正当化する。
一度言いだしたことは、
間違っていても、曲げない。
ゴメンナサイが、言えない。
ありがとうも、言えない。
いなくなってから、
その人の悪口を言う。
泣き虫である。

これらすべて、
青春のある時期に、
培われたものだろう。
まだるっこしい言い方をしてしまった。

これらすべて、
佐野高校時代に、
形成されたであろう。

そう、
完全、男子高校。
先生も、すべ~てオ・ト・コ。
女性は、
保健室の、60近いオバハンと、
図書室の、30半ばの既婚の女性のみ。

そんな、
絶対的おとこ社会の中、
スクスクと、我がままに育ちました。

2時間目が終わると、
必ず、早弁し、
お昼は、パンを食べてる奴。
教室の掃除の時、
一番前の机を押して、
列全部を、後ろの壁に、
押しつけてしまい、
床にバケツの水をまいて、
チャチャっと、掃除してしまうヤツ。
文系志願で、物理と化学の教科書を、
1年間、学校の机に入れっぱなしの、奴。

み~~んな、愛すべき奴らでした。

そんなヤカラが、
このような環境で、育つのでしょうか。
そうなのです。
3年前から、
我が佐野高校は、
男女共学と、なってしまいました。
中高一貫のあおりを受けて、
おカミからの圧力に、屈したのです。

部活の後で、
石鹸を体に付けてから、
プールに飛び込んだツワモノは、
もう、現れないのでしょうか。
サッカーの練習の輪の中に、
野球部の、ノックのフライを打ちこむ先生は、
もう無理なのでしょうか。

あまちゃんの脚本を書いた、
あのクドカンが、
TBSで、ドラマの脚本を書いたらしい。
内容が、
自身の高校が、
男女共学になったという事件を、
題材にしてるらしい。
悲しいドラマになる筈であるが、
学園コメディドラマと、うたっている。
おかしいではないか。
このような、
悲劇的な男女共学を、
おもしろオカシクなどと、
描ける筈がない。
だから、
チョット、観てみようかと・・・。
ごめんね

❤今日の音楽
シモノヴァ
阿部芙蓉美 『 空に舞う 』
http://www.youtube.com/watch?v=wSQ_p0HtGNA

先日、ふゆみちゃんの音楽を、
お届けいたしました。
そん時、
こんな素敵なミュージックビデオを、
発見いたしました。

消え入りそうな音楽はモチロン、
ビデヲに登場する、
サンド・アートに、
目が釘付け!

是非、この感動を共用して下さい。
アーティストの、
シモノヴァさんの美しさにも、感動!
スポンサーサイト
この記事のURL | 今日の気になったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<よいよいよいのォ、ヨイヨイヨイッ。 | メイン | 9月誕生会から、ご報告>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/851-79013ae8
| メイン |