よいよいよいのォ、ヨイヨイヨイッ。
- 2014/09/30(Tue) -
高校2年生の時、
島崎藤村の、「 破戒 」を読んで、
ものすごい衝撃を、受けました。
( その頃は、純情でした。)
トロッコ2

そして、
彼の小説の代表作、「 夜明け前 」を、
読もうと思ったのですが、
その冒頭が、
‘ 木曽路は、山の中である。’
で、
始まっている。

これじゃあ、
木曽路に行って、
読むしかあるまいと、思い、
高校2年生、一人で、出掛けました。

奈良井宿からは、
極力、徒歩でした。
南に向かい、
峠を越える時に、
女子大生のグループと、
一緒になりました。
彼女たちは、次の日、
上松のトロッコ列車に乗るという。

・・・。

一晩考えて、
その計画に、便乗しました。
朝7時に、乗り場へ行くと、
20~30人の行列。
彼女らは、最前列に並んでいました。

最後尾に並ぶと、
時間になって、乗務員が来て、
「 並んでるのが、反対だあ!」

結局、
ワッチが、先頭です。
アレレッ、と思いながらも、
乗務員に促されて、
トロッコ列車に。
トロッコ

4~5時間の、道すがら、
数々の絶景に、
驚嘆の声を上げながら、
( 平凡な、表現です。)
御嶽山の山麓の美しさを、
堪能しました。

到着したのは、
人気のない、湖。
何の、お店もありません。

帰路の、
午後4時過ぎまで、
ナニも食べれなかったのは、
朝の順番の列の、報いだったのでしょう。
彼女らは、昼食に、
おいしそうにオニギリを、食べてました。

ワッチは、
物言わぬ湖に、小石を投げてました。

♪ 木曾の、なぁ~~あ、なかのりさん、
   木曾の、おんたけさんはぁ、ナンじゃらほい、
    夏でも、寒いィ、ヨイヨイヨイッと、
     よいよいよいのォ~、ヨイヨイヨイっい!♪

帰りの、トロッコ列車では、
小さな声で、
渓谷に向かって、
歌っておりました。

御嶽山の噴火。
おそらく、
今の日本に、
今の、政府に、自民党のアホに、
( ホは、ベに替えられます。)
‘ 喝 ’を入れたのでしょう。
犠牲者の、無念の気持ちを考えると、
言葉が、見つかりません。
合掌。

❤今日の音楽
御嶽山 御嶽山

三橋美智也 『 木曾節 』
http://www.youtube.com/watch?v=IF-C3wE31Qg

正調、木曾節。
民謡の神様、三橋美智也さんです。

本当は、
♪ 両手をォ~、まァ・わァ・シテぇ~~♪
が、大好きなんですが、
この度は、
この曲を。

高校生にとって、
一人旅の原点になった、木曽路。
初めての人々との、スバラシイ出会いの
連続でした。
今回の噴火、
オンタケさんには、罪はアリマセン。
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅・遠くへ行きたい | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今日から、10月 | メイン | ごめんね、青春>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/852-43107981
| メイン |