昨夜は、サンタが来ましたか?
- 2014/12/25(Thu) -
昨24日、
当ポレポレ食堂では、
12月誕生会と、クリスマス・パーティーが、
こじんまりと、行なわれました。

12月誕生会

ロウソクを、吹いているのは、
えつろー君と、チイちゃん。
残念ながら、サイトーさんちのエッちゃんは欠席。

AKGご夫婦と、宮ちゃん、ODG教授も、
残念ながらでありましたが、
それなりに、盛り上がりました。
ビンゴの模様は、コチラ。

・・・。

本人も夢中になって、
映像が、残ってませんでした。
でも、楽しかったです。

そう言う訳で、
30日に、忘年会とカラオケ大会が、
熱く約束され、一同、お開き。

また、楽しみが増えました。

12月24日、東京新聞より
( 長いですが、いつものように、全文です。)
 米紙ニューヨーク・サンが今年もまた、あの論説記事を
 再掲載した。「 サンタクロースは いるんだ 」。
 この話をイブに選ぶのはやや気も引ける。
 あまりに有名で、米国のジャーナリズム史上、
 最も愛された論説記事という。
 1897( 明治30 ) 年9月、八歳の少女が同紙に
 手紙を書いた。
 「 ともだちがサンタクロースはいないというのです。 
  本当のことを教えて下さい。サンタはいるのですか 」
 手紙を読んだ記者は手紙に応えて記事を書いた。
 「 友達の方が間違っているよ。サンタはいるんだ。
  愛とか、思いやり、いたわる気持ちがあるように
  サンタもちゃんといるよ。そういうものがあるおかげで
  毎日、いやされ、喜びを感じるんだ」。
 目には見えないけれど、いるんだよと書いた。
 少女はバージニア・オハンロンという。
 彼女の「 その後 」は それほど知られていないかもしれない。
 学校の先生になった。
 ハンディキャップのある子供たちの学校で、校長先生になった。
 あの記事が教育と子どもを喜ばせる道へと、
 自分を誘ったと書いている。
 「 素晴らしい人生を過ごしてきたわ 」
 1960年、71歳で出演したテレビ番組で語っている。
 そして、「 絶対にサンタはいる 」と。
 サンタを信じる人は、サンタになれる。
 サンタの心に近づける。
 1971年に亡くなっている。新聞の見出しは、
 「 サンタの友達 亡くなる 」だった。


昨晩、あなたの心の靴下は、
サンタの贈り物で、一杯になりましたか?

❤今日の音楽
サンタ
Mr.children 『 ギフト 』
https://www.youtube.com/watch?v=Z90G-s791_Q

ヒトは、贈ったものは憶えてるけど、
イタダイタものは、忘れるという。

クリスマスの聖夜。
今夜は、キザに決めましょう。

‘ 愛という贈り物を、
  世界中の、あ・な・たに ’
スポンサーサイト
この記事のURL | 元ポレポレ食堂の話題 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<クリスマスよ、また来年 | メイン | あなたに、褒められたくて ( 番外編 )>>
コメント
-ごめんなさい-
24日は出席出来ずごめんなさいm(__)m上田でお客さんを巻き込んでしまいました。飲むために奥様に花を買って帰ったそうです。30日はどうなる~(>.<)y-~
2014/12/25 18:18  | URL | AKG #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/899-0a8bf61b
| メイン |