桜前線
- 2015/03/31(Tue) -
‘ 前線 ’と聞くと、
南の地方から、押し寄せてくる感。

代表選手は、‘ 梅雨前線 ’。
でも、
日本中が、一喜一憂する‘ 桜前線 ’は、
幸せが、押し寄せてくるようで、
特別感。

「 え!、九州の福岡に上陸?
   博多の人達、幸せになったんだあ。」

「 いよいよ近畿地方にも、上陸。
   早く、関東も幸せに、なりてえ。」

「 東京は、満開予想ですが、
   東北地方を、北に進んでおります。」

こうして、
だんだんと日本中が、幸せ色に染まっていく。

昨、30日。
半日、時間が空いたので、
その前線を、確認に行きました。

哲学堂
「 哲学堂公園 」
http://www.tetsugakudo.jp/top.htm

道路の左側(南側)が公園で、
右側の、一軒裏手に、
30代のいち時期、
住んでおりました。

ですんで、この季節、
部屋の窓を開けると、
桜の花びらが、ヒラヒラと、
舞い込んできました。

懐かしく思い、
新宿からバスで。
関東バスの「 丸山営業所 行き 」
途中、やはり大学時代に住んでた、
下落合駅を、通過します。
ここは、
母親が、我が下宿への、
行き帰に使ったバス路線。
‘ 聖母病院前 ’で下車して、
田舎からの野菜を、運んできた、
想い出のバス路線。

当時とは、
だいぶ様子が変わりましたが、
バス停は、変わらず。
ほどなく、
上記写真の、‘ 哲学堂 ’バス停。

公園の中は、
小さいながらも、桜づくし。
哲学堂3
この桜を見ながら、お弁当。
お手製の、
‘ たらこおにぎり ’と、
昨日の残りの、茹で卵。
もう、
最高です。

なんで、
桜には、オニギリが似合うのか。
不思議。
デパートでは、派手な桜弁当を、
売っていますが、
やはり、ここは、
オニギリに、限ります。

公園には、
哲学堂4
とってつけたような池もあり、
小市民の、憩いの場。

普段は、
散策する人も少ないんですが、
哲学堂5
こんな桜に惹かれて、
思った以上の、人出。

哲学堂6
また、
幸せの、おすそわけのようで、
楽しいものです。

但し、
都内の有名桜名所に比べれば、
ご近所の方々が集まった感。

それはそれは、
ツツマシイものです。

マイ・さくら公園。
いかがでしたでしょうか。
その名前、
「 哲学堂公園 」も、イカシテルでしょう?

たった半日の、‘ 櫻詣で ’でしたが、
「 また、来年!」
有難いことでした。

❤今日の音楽
フランシーヌの場合
新谷のり子 『 フランシーヌの場合 』
https://www.youtube.com/watch?v=2dah_5_6gPs

チョット異色の歌謡曲。
キナ臭い隣国関係の中、
ふと、
昨30日に、思い出しました。

世界では、考えられない悲惨なことが起きて、
日本では、病気をかかえた変なシュショウが、
人間としてオカシイ事を、しています。

だから、
桜を見ると、
それらを覆いつくして、幸せな気分。
その花びらで、
み~~んな、オオイつくしてしまえヨォ~!
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅・遠くへ行きたい | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2020年 東京オリンピックを成功させよう | メイン | クリスマスの、ニット帽>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://polepolesyokudou.blog136.fc2.com/tb.php/953-3f4b8996
| メイン |